スペックと価格で選ぶレンタルサーバーのおすすめ4社比較!

レンタルサーバーのおすすめを紹介します!

レンタルサーバーのメリットとデメリット

レンタルサーバーの良い点

レンタルサーバーを利用することで、以下のようなメリットを得られます。

  • 独自ドメインで自由にサイトを運営できる
  • 安価に高性能サーバーを利用できる

いままでアメブロや、はてなブログ(無料版)など無料ブログサービスでサイトを運営してきた人にとっては、無料で利用できるというメリットを受けることはできました。

しかし一方で、「勝手に広告が挿入されてしまう」「自由に広告を貼ってお金稼ぎができない」「規約に抵触したらサイトが表示されなくなった」というデメリットもあります。

レンタルサーバーを使い独自ドメインでサイトを運営することで、安価に、自由にサイト運営できるというメリットがあります。

レンタルサーバーの悪い点

共用サーバーは以下のようなデメリットが存在します。

  • 速度は出にくい(専用サーバーに比べ)
  • アクセスが集中することでサイトが表示が遅い
  • 利用できるプログラムが限られる

レンサバの速度

速度は出にくい

共用サーバーは専用サーバーに比べれば速度は出にくいです。

ただ、世界中に使われ、コンマ何秒の表示速度がビジネスの売り上げを大きく左右するとかでない限りは、レンタルサーバーで十分を考えます。

レンタルサーバーも各社、表示速度を早めるための工夫を凝らしています。

アクセスが集中することでサイトが表示が遅い

SNSでバズったり、テレビで紹介されるなど、アクセスが集中することでサイトが表示されなくなります。

これはレンタルサーバーの場合には、一つのサーバーに他人のサイトも同居しているため、他人に迷惑をかけないようにするためです。

これはデータ転送量の大きいレンタルサーバーや、安定性の高いサーバーを選ぶことである程度は防ぐことが可能です。

利用できるプログラムが限られる

レンタルサーバーは多くの場合利用できるプログラムが限られています。

そのため、iosアプリやandroidアプリ、ruby on railsなどで構築したwebアプリなどはレンタルサーバーで動かすことはできません。

WordPressやHTML,CSSのサイトを動かす分には問題ありません。

まとめ

レンタルサーバーの選び方や、おすすめ4社のサーバーをプランごとに比較してきました。

レンタルサーバーを利用することで初心者でも手軽に、しかも安価にサイトを運営することができます。

気になるレンタルサーバーがあれば、ぜひ利用登録してみてください。